ミヒャエル・エンデ『モモ』(岩波書店) 円形劇場に腰掛ける小さなモモにできたこと、それはあいての話をきくことでした。人や物事、過去、記憶、街。向き合う時に欠かしてはならないものは?いつでも響いているから、人間がとりたてて聞きもしない音楽、とってもしずかな音楽のような。 ◻︎前面には、シルクスクリーンプリントがあります。

 

◻︎endandroll moheが描いた『モモ』のイラスト。物語のモチーフに日々が混ざっていて最高です。

◻︎文庫サイズの木が、袋とショルダーを繋いぐ点になっています。

◻︎色は、時間を忘れても着ていたいグレーと、『モモ』の物語を纏うようなオレンジ色です。

 

【発送予定日は3月中旬です。】

 

撮影 三浦庸古

『モモ』シルクスクリーンバッグ

¥7,500価格