ディーノ・ブッツァーティ『古森の秘密』(東宜出版)

完全な静寂や孤独。生まれて初めて知った森の音は、全部で15種類だった。年老いてゆく彼と、再生する森。ひどい寂しさに襲われたとき、私はまたこの本を開くだろう。ひとりぼっちでは、寂しさを覚えることすらできない。

『古森の秘密』ワンピース

¥20,000価格
  • 読書や、棚の間を歩くことは周囲との関係性を一時的に切断する側面をもつ。身体を抜け出して、想像の果て、もしくは内側へ向かう時に、服は不要にも思うけれど、せめて身体の輪郭を忘れる服を纏っていられたら、と思う。身体を邪魔しないone-piece dress.