D・ラフェリエール『甘い漂流』(藤原書店) 新しい町、知らない町での不安な退屈と不在さ。どこに誰といても、確かなイメージを手で掴むことができない。トイレの個室に籠ってボルヘスを読んだことがあります。芭蕉や谷崎と登場する名前に親しんでしまう。ここにいないように思っていたのは、私だけではないのかもと。

 

◻︎人混みにすぐ紛れられるような台付襟のシャツです。ユニセックスで着用していただけます。

◻︎左胸のポケットには、スピンが挟まっていて、緊急の時は本に挟むことができます。また、スナップボタンでマチを調節できるため、四六判の単行本まで収納できます。(ちょっと重たいですが) ◻︎裾がラウンドしています。

◻︎カラーはカーキとネイビーです。

◻︎高密度の生地は、なかなか破れません。簡単な羽織としてもいいように思います。

【発送予定日は3月中旬です】

 

撮影 三浦庸古

『甘い漂流』スナップポケットシャツ

¥20,000価格