検索
  • 清水涎

書物・絵・衣服(2020.12.26)

 

 

 夜の記憶を持たないまま朝になっていた。本棚との間に置かれた小さな椅子に、一晩、歪な姿勢で(首から上を右の棚に、腰から下を左の棚に支えられて)眠っていたようだ。妙に心地よく、次の朝までここにいてもいいと思える。


 あまり会わない友人のひとりに、Mという人間がいる。Mとは、大学をずる休みして通ったファッションショーで知り合って以来、年に一度、私の知らない音楽やバンド名を教えてもらっている。


 アトリエと呼んでいる小さな私の部屋は、何枚かの紙片が一部の壁を埋める。その多くは、書き写された詩や文章で、衣服の構想やスケジュールが数枚、絵の書かれたものが二枚。二枚の絵はどちらも以前Mから贈られたものだった。


 Mは、私の簡単な冗談に対していつも困ったような顔をする。捲り剥げボロボロになった『モモ』を手渡してから数ヶ月が経った頃、何枚かの絵が送られてきた。


ぼくはミヒャエル・エンデの「モモ」の物語から構成された服に 

ぼくが読んだ「モモ」を描いてシルクスクリーンで刷りました- mohekun @endandroll


 衣服の構成を型紙から練り直し、縫い直して、シルクスクリーンの工場へ出向いた。地下室には、また私の知らない音楽が鳴り広がっている。音楽にインクの匂いが重なっているからか、身体に触れている空気に重量があるように思った。


 ワンピースの背中へ、ジャケットの裏地へ、ポケットの裏へ。インクをのせては、スキージーと呼ばれる長方形のゴムを奥から手前に。彼女の手が動く。ずれないようにと目を凝らす。その様子を見守っている内に私はだんだんと眠くなり、気づけば三鷹駅ホームベンチにひとりで座っていた。




-ベッポ、モモ、ジジ、

たくさんのよいともだち


つぎの一歩のことだけ考えるんだ


時間の花、人生に流れる音楽、お前もその一部になる


街と不在、

大人になったら、大人になっても


手を繋いでいて

過去と今と未来と

手を繋いでいて

ともだちと

手を繋いでいて

光と

手を繋いでいて

頼りない夜と


手を繋いでいて

自分自身と


すきなものはすきなままで大丈夫だということを何度も忘れる


-ジジはやっぱりジジのままでいたいよ


ことばで紡いだ糸でつくられるそれは

あなたしか知らないことばを含んだ服だ

彼女が選び手にした生地でつくられるそれは

色、形、重さやことば以外の目に見えること

あなたがよく知る物語を纏える服だ


形のないものが形を持ったりして

あなたと日々を過ごしたりする


手を繋いだその先の相手の中に鳴る音楽を

生きている間にどれだけ聴くことができるのだろう


やみにきらめくおまえの光


壮大な音楽


-mohekun @endandroll

http://www.instagram.com/endandroll



 


 

最新記事

すべて表示

書物・書店・衣服(2020.12.24)

テキスタイル(布地)とテキストは語源的に繋がっているので、テキストが糸であってもおかしくはない。-多和田葉子『ヒナギクのお茶の場合|海に落とした名前』衣服のデザインを学ぼうとするよりも昔から、私の鼻先には書物と、書店があった。

書物・身体・衣服(2020.12.23)

肩幅が狭い衣服を着ていると、どんなに広大なヴェルヌの冒険物語も窮屈に思う。読書に身体を持ち込みたくないと大きな声で言ってみたって、頁を捲っているのは紛れもなく左手で、文字を追うのはこの眼球だった。